自転車操業状態が続いているのではありませんか?

 

綱渡りのような日常が続いています

 

増えすぎた借金は毎月の返済能力を超える事があります。

 

そんな時、借金をして返済をしようかと思うことがあるかもしれません。

 

しかし、それは「自転車操業」と呼ばれる借金の方法です。時間の問題で返済不能になります。

 

借金で苦労した多くの方が経験していることであり、自転車操業による借金返済は長続きせず破綻してしまうのです。

 

もし借金返済により苦しい状況なのであれば他の方法で解決をするべきです。借金問題の解決法は必ずありますから大丈夫です。

 

自転車操業はなぜ危険?

 

借金が多くなると「自転車操業」で返済することが多くなります。

 

これは、借金返済のために他の金融業者などからお金を借りることです。

 

ただ、返済期限の都度、借金を繰り返さなければならず、止まることなく借金が続くため自転車を漕いでいるようなイメージになります。

 

自転車操業という名称はこんな理由で付けられたネーミングです。

 

元本が膨れ上がるだけ

 

しかし、ちょっと考えていだければお分かりの通り、このようなことをしていても元本が膨れ上がるだけです。

 

つまり借金が減るどころか増えています。しかも、返済先が増えていますから始末が悪いのです。

 

ただ、お金を借りたくても自分の信用には限度があります。

 

どこかで断ち切らないと延々と借金が増え、借りる相手がいなくなるでしょう。

 

実は利息しか支払っていない

 

では、どうしてこんなことになるのでしょうか。

 

実は借金を返済していると思っていても、その返済額は消費者金融などが設定した最低返済額に過ぎません。

 

この金額は利息回収ができる金額に設定されているため、元本返済が進まないのです。

 

自転車操業 こんなことは危険

 

危ない金策は絶対にしないこと

 

では、自転車操業と呼ばれる人はどんな借金をしているのでしょうか。

 

先ほど述べたように、自分の信用には限度があります。

 

しかも、消費者金融からお金を借りようとしても、収入の3分の1という総量規制がありますから借りることができないのです。

 

でも自転車操業で借金をしようとする人はこんなことをしています。

 

クレカ現金化は絶対に避ける

 

クレジットカードで商品を購入し、購入した商品を質屋さんのような「買取店」に売ることで資金化することを言います。

 

ただ、ヴィトンのようなブランドバックでも買取価格は購入額の6割から7割程度に過ぎません。

 

もちろんカード会社が請求する金額は「定価」です。

 

10万円のヴィトンのバッグを現金化しても6万から7万程度しか手元に残りません。

 

そして、最長でも2か月後に10万円の支払が必要です。

 

それが可能かどうかは改めて言うまでないでしょう。

 

ヤミ金は非合法 金利も無制限

 

ヤミ金でお金を借りるとどうなるかは言うまでないでしょう。

 

しかし、借りる相手がいなければヤミ金で借りるしかないと借りてしまう人もいます。
ただ、後でとんでもないことになってもだれも責任は取ってくれません。

 

犯罪協力者にさせられてしまい、逮捕される人もいます。

 

返せなくなったらどうすれば良いのか

 

早めに相談、見極めることが大切

 

では、こんな事になってしまったらどうすれば良いのでしょうか。

 

返済ができなくなった、又は返済が厳しくなったと思ったら、債務整理という方法も考えてむるべきでしょう。

 

債務整理は専門家が必要。つまり借金問題を得意とする弁護士に相談することが必要です。自分だけで対処できません。

 

自転車操業になってしまう人は、必ずどこかで「返済がきつい」と思っているはずです。

 

その「きつい」というガイドラインは、自分の手取り収入が半分以上借金返済に消えていることを言います。

 

こうなったら返済することは現実的ではありません。

 

債務整理で何らかの対応をしないと自転車操業で借金をすることになってしまいます。

 

プロの判断が必要

 

ただ、素人判断で「自己破産しよう」と考えるのは危険です。

 

自己破産には債務が全てなくなるメリットと、官報に載せられて晒し者になるリスクがあります。

 

どの方法で債務整理をするか、そして返済計画をどうするかは、自分だけではなくプロの第三者に依頼すべきことでしょう。

 

専門家にアドバイスを受けること

 

債務整理という方法もあります

 

このように借金返済に赤信号が灯ったら、どうしようもなくなる前に弁護士に相談することが必須です。

 

弁護士に相談するタイミングが遅くなるほど債務整理の手段が限定され、自分の負担も大きくなります。

 

病気と同じで、早期発見と早期処理が自分を救うのです。

 

返せないと思ったらすぐ相談しよう

 

先程述べたように収入の半分が借金返済に消えてしまうと、生活がかなり苦しくなるはずです。

 

こうなると、次第に自転車操業の時期が近づいてきます。

 

臨時支出などがあると、一発で支払ができなくなり、新しい借入をしないと返済ができなくなるからです。

 

返済は一時的に止まります

 

債務整理を開始すると、返済が一時的に止まります。

 

その間に弁護士報酬の支払をしてしまう人も少なくありません。返済資金がすべて浮くからです。

 

弁護士に依頼すると報酬がかかるからと心配している人も多いようです。しかし、このように実際にはさほど心配する必要はありません。

 

自転車操業で借金をしても元本が膨れ上がるだけでメリットは何もありません。それどころか返済不能に陥るだけです。

 

返済できない、又は返済がきつすぎると思ったらすぐに弁護士に相談しなければいけません。自分だけで対処できないからです。

 

初回相談料は無料ですし、報酬支払は分割払いができることがほとんどです。早めの相談が自分の身を守ります。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。