結論 解約の必要はありません

 

そのスマートフォンが分割払い中なら心配ですよね

 

個人再生をするとブラックリストに該当することとなるため、携帯電話が使えなくなるのではないかと思われるかもしれません。

 

しかし、心配無用です。個人再生だけを理由にして、解約を強いられることはありません。ただ、それなりの不都合も強いられます。

 

繰り返しますが結論から言うと個人再生を開始しただけで携帯電話の解約は必要とされません。

 

電気やガス同様に、利用料を支払っていればサービスは継続します。つまり、滞納がなければ問題はないのです。

 

ただし、携帯電話会社からお金を借りている状態になると話は話が変わります。

 

なぜなら、個人再生は任意整理と違い、基本的に債務を選択できないからです。

 

選択対象は住宅ローンなどのように限定されています。

 

滞納がなければ問題なし

 

つまり携帯電話を利用しているだけなら滞納がない限り解約の必要がありません。

 

スマホの分割払いが終わり、利用料金だけを支払っている人なら心配はないでしょう。

 

もっとも、個人再生をすると、それ以後の借金は絶望的なのでスマホの買い替えは一括払いだけになります。

 

クレカも使えないので、支払が面倒になるでしょう。ちょっとした不都合は覚悟する必要があります。

 

滞納があると強制解約の可能性

 

これに対し、滞納があると携帯電話会社も個人再生の対象になるでしょう。

 

つまり、利用料金が未払だからと利用をストップされ、最悪の場合強制解約になります。

 

携帯電話会社も信用情報機関があり、支払が遅れたり、個人再生の対象になったりすれば登録されます。

 

強制解約され、他の携帯電話会社に変えようとしても契約してもらえないでしょう。

 

現在分割支払中のスマホは?

 

クレジットが使えない辛さがあります

 

では、携帯電話本体の分割払いが継続している場合はどうなるでしょうか。先ほど説明した通り、未払金があれば、それは借金です。

 

このようにスマホの分割払いが残っていると、個人再生のスタートとともに滞納になります。

 

個人再生が開始されると、債務を確定するためと、債権者間の平等を保つために返済を一切禁止されるのです。

 

つまり、携帯電話は自動的に滞納となります。その結果は、先ほど挙げたようなサービス停止や強制解約につながるのです。

 

できれば分割残金は一括返済したい

 

個人再生の手続寸前に分割残金を支払うと、脱法行為だと個人再生のスタートができない場合があります。

 

消費者金融によっては個人再生を阻んだり、返済額を多くさせたりしようとしてプレッシャーをかける場合もあるのです。

 

ただ、携帯電話を強制解約されたらたまりません。債務整理を専門とする弁護士に相談しないと判断はできないでしょう

 

現金支払にすればOKなのです

 

現金で支払えれば問題ありません

 

とりあえず滞納を解消し、スマホの分割払いも完済すれば、携帯電話の強制解約は阻止できます。

 

ただし、個人再生をするとブラックリストに載りますから、しばらくの間は借金ができません。携帯電話の支払方法も考えなければいけないでしょう。

 

クレカ支払はできなくなる

 

このように信用情報機関にブラックリストとして登録されると、クレジットカードの利用もできません。

 

休眠カード以外は強制解約となるでしょうし、休眠カードの信販会社に個人再生をしたことが知られる前に解約したほうがいいからです。

 

つまり携帯電話の支払は現金払い、つまりコンビニ支払か銀行引落になります。

 

携帯電話会社への連絡はお早めに

 

個人再生が始まるとクレジットカードの利用は停止されます。

 

携帯の支払をクレカにしていると滞納となるので、早めに携帯電話会社に銀行引落などにしたいと連絡したほうがいいでしょう。

 

怪しまれることは当然ですが、支払が順調であれば何も文句は言われません。

 

新規のスマホ購入は困難になる?

 

新型スマホ購入のために貯金します

 

ただ、借金ができないので新機種に変更することは難しくなるでしょう。

 

端末の分割払いは携帯電話会社を信販会社とする「ローン」なのです。

 

分割払いができなくなる

 

分割払いができなくなると、新機種の購入は難しくなります。

 

携帯電話会社では新機種購入の際にサポートはありますが、分割払いを前提としているため、一括払いの場合はいったん全額支払を要求されるのです。

 

機種にもよりますが、人気機種は10万円を越える場合も珍しくありません。かなりきついのではないでしょうか。

 

とはいえ、クレカもローンも利用できなければ現金一括払いしか方法はありません。

 

携帯電話会社を変えようとしても、携帯電話会社の信用情報機関にブラックリストとして登録されていると契約はできないでしょう。

 

つまり、現在利用している携帯電話会社で安い機種を選ぶことになります。

 

基本的に現金一括払いしか方法がない

 

節約という観点からすれば悪い話ではないかもしれませんが、希望の機種を使えないのは我慢しなければいけませんね。

 

携帯電話の支払は通信利用額とスマホ自体の分割支払代金が混在しています。

 

そのため、滞納になると他の借金に比べて面倒なことになりがちです。

 

気づいていない人も多いようですが、スマホの分割払いは「借金」なのです。

 

個人再生を開始すると返済禁止になりますから、今まで携帯だけは滞納していなくても、半強制的に滞納となってしまいます。

 

この場合どうすべきかは、プロの判断が必要になります。債務整理を得意とする弁護士への相談は必須です。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。