自己破産をすると車はどうなるの?

 

自己破産してマイカーがどうなってしまうのか不安

 

借金が多くなるとその解決策として自己破産を選択する人もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、その際に持っているクレジットカードや車がどうなるか不安かもしれません。

 

自己破産をするとクレジットカードを使えなくなったり、車が取られたりするのでしょうか。

 

自己破産をする人が自動車を持っている場合、その車がどうなるかは車の価値によって決まります。

 

大体「売却価値」が20万円以下であれば、そのまま乗り続けることができます。

 

ただし、自動車ローンをディーラーで申し込むと車検証の所有者がディーラーになっているはずです。

 

この場合、自動車は裁判所ではなく、ディーラー経由で信販会社に引き取られてしまいます。

 

新車でない限り心配無用

 

20万円というと少額だと思われるかもしれませんが、車の価値は買ってからすぐ落ち始めるので軽自動車などであれば5年程度経過していれば問題ないでしょう。

 

また、20万円を越えている自動車であっても、地方都市在住などで自動車がないと生活できないような場合は、裁判所に申請をすることで所持を認められ乗り続けることができる可能性もあります。

 

新車購入後すぐに自己破産をするような場合であれば別ですが、中古車に乗っているような場合、特別な高級車ではないのであればまず心配いらないでしょう。

 

必要最低限の資産は取られません

 

自己破産と聞くと、自分が持っている資産はすべて取り上げられると思われがちですが、実際には生活に最低限必要な資産は取られません。

 

先ほど述べた、どうしても必要な自動車だけでなく、生活するために必要な預金なども残額が現金と合わせて99万円以下なら残すことができます。

 

必要最低限の資産は残すことができるのです。

 

クレジットカードは使えないの?

 

クレジットカードも使えなくなる自己破産

 

自己破産の原因がクレジットカードである人もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、クレジットカードがないと日常生活がかなり不便であることは間違いないでしょう。

 

自己破産直前に持っているクレジットカードはすべて解約することとなります。

 

また、休眠カードは残額がないため自己破産の対象にはなりませんが、弁護士の判断によって解約を勧められることもあります。

 

自己破産後の新規契約はできません

 

また、自己破産後は信用情報機関に事故情報が登録されるため、事実上新規にクレジットカードを申し込むことができません。

 

手持ちのクレジットカードも解約することとなれば、クレジットカードを持つことができなくなります。

 

生活に支障が生じる可能性がありますが、どうすればいいのでしょうか。

 

デビットカードなどで代用できます

 

しかし、実際にあまり生活に支障が及ぶことはありません。なぜなら、最近はデビットカードがあるからです。

 

デビットカードは、利用するとすぐに登録してある預金口座から代金が引き落とされます。支払が後払いではないので審査がなく、自己破産の後であっても利用することができるのです。

 

このデビットカードはVISAなどが発行しているため、クレジットカード同様に利用することができます。

 

つまり、クレジットカードが利用できなくなってもさほど日常生活に支障はないのです。

 

生活をシンプルにすれば問題ありません

 

基本的にな質素な生活にしたい

 

自己破産をすることで債務返済から解放され、自分の生活が著しく改善されます。そして、人生再出発を果たすことができるのです。

 

クレジットカードは使えなくなりますし、自動車も中古車でなければ没収されるかもしれません。

 

でも、自分の生活をシンプルにすることでクレジットカードをデビットカードに変え、自動車も必要なければ乗らないようにすれば問題ありません。

 

人生再出発のきっかけにしませんか?

 

自己破産をするとクレジットカードも自動車も使えないと知ると暗い気分になるかもしれませんが、それより人生再出発の方が大切なはずです。

 

車はまた落ち着いたら現金払いで買えばいいでしょう。借金返済がなくなるのですから、貯金に励めばチャンスは再度到来するものです。

 

今後は借金と無縁の生活を送りましょう

 

自己破産をすることも一つの経験だと割り切れば、自己破産の後の人生は非常に明るくなることがわかるでしょう。

 

今まで借金返済だけの人生だったのに対し、これからは自分の収入を自分のために使うことができるのです。

 

二度と同じことを繰り返さないように借金とは無縁の生活を送りたいですね。

 

不安があれば弁護士に相談しよう

 

弁護士など専門家に早めに相談

 

もし、自己破産をするにあたり不安があれば迷わず弁護士への相談をお勧めします。

 

自動車やクレジットカードのことも相談すれば教えてくれるでしょう。自分だけで悩んでいても何も解決しません。

 

自己判断の債務整理は危険

 

最近は自己判断で自己破産をする人もいます。

 

裁判所の人が手伝ってくれるものの、持っている財産などによっては免責許可が出ないこともあるのです。

 

こんなことにならないようにも自己破産には弁護士への相談が必須でしょう。

 

初回相談は無料です

 

自己破産などの債務整理を弁護士に相談する際の手数料は無料であることが多いです。

 

債務整理をしようとする人の多くは資金的な余裕がありません。

 

そのことを弁護士は知っています。だから無料相談としているのです。

 

一度弁護士の無料相談を受けてみませんか?疑問点も不安もきっと解消されるはずです。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。