借金が返せなくなったら

これだけの借金は背負いきれない

 

借金を返済できないときにはできるだけ早く解決するべきです

 

今はメールで手軽に無料相談できてあなたに最適な方法を選べます

 

借金が返済できない状況で苦しんでいる方は意外にとても多いのです。

 

自分で借りたお金はもちろんですが、親兄弟などの借金を払うことになった、など様々なケースがあります。

 

自分でした借金の場合、最初は無理なく返せていたのが、リストラや減給などの事情で返済が大変になるケースが多いのです。

 

また親が亡くなって、初めて多額の借金の存在が明らかになった、など自分ではしていない借金を背負うケースも少なくありませんよね。

 

どちらにしても現状で返済を続けていくのが大変困難な状況だとか、完全に返済できない状態なのであれば迷わす専門家に相談してみることです。

 

自分で何とかしよう、借りたものは自分で返したい、という気持ちは理解できますが、無理は禁物です。

 

借金を返済できない状態が続けば、督促や取り立て、さらに裁判所からの呼び出しなど、状況は悪くなるばかりで、決して改善はしていきません。

 

返済できない状態が続くと

 

実は私は自分の無計画な多額の借金によって、どうにもならなくなり、取り立て、裁判所への出頭をした経験があります。

 

裁判そのものは短時間でしたが、訴えられ「事件」の当事者になってしまい法廷に立つというのはとても大きなストレスであり精神的なダメージでした。

 

現在ではインターネット、電話などで無料の法律相談を手軽にすることができます。

 

特に、インターネットを利用して匿名、無料でできる法律相談は、簡単にあなたにとってベストの借金問題の解決法をアドバイスしてくれます。

 

借金問題の解決、債務整理とひとくちに言っても方法はいくつもありますから、あなたの条件によってはデメリットの少ない方法も選べます。

 

またテレビCMなどで有名な法律事務所でも無料相談会を全国各地でたくさん催していますから、そちらを利用するのもいいでしょうね。

 

知名度の高い法律事務所は安心感が高いですが、それに伴って実際に債務整理依頼した時の弁護士費用が少し高めのようです。

 

どちらにしてもあなたが実際に動き出さなければ、いつまでも借金の問題は解決しません。ここは少しの勇気を出して手軽なメール相談などから初めて見るのがオススメです。

 

私も実際に借金について返済できな状態になり、時間が経ってから相談したので実感としてわかりましたが、「もっと早く相談しておけばよかった」と誰もが同じように思うそうです。

 

債務整理という選択

 

借金に埋もれて助けてと声を上げたい

 

返済できないことは大きなストレス

 

借金問題の苦痛にあなたが耐えられなくなる前に

 

借金を返済できない状況での体験、いわゆる借金苦は経験してみないと理解しがたいもので、この地獄の苦しみによる精神的なダメージで身体も壊すことになります。

 

多額の借金ともなれば返しても返しても元本は減らず、この辛さが延々と何年間にも亘って続くことになります。

 

私は長年の借金苦についていかなくなり、慢性的な倦怠感とパニック障害を起こし、すっかり体調を崩してしまいました。そうなると本当に万事休す、返済できない状況に陥ることになります。

 

私はそうなってから初めて債務整理という法的な解決を考えるに至りました。

 

話にはよく聞いていた自己破産もやむなし、と自分自身あきらめた、というか観念したんです。

 

滞納のストレス 心身ともに限界でした

 

心も身体も、収入的にも返済できない、もう耐えられない状況でしたし、人生またやり直して結婚もしたいなぁ、という将来の希望も捨てていませんでしたから。

 

実は債務整理の得意な弁護士さんと、得意じゃない弁護士さんがいるのはご存知でしたか?

 

過払い金請求とか残債についての交渉など、あくまでもこちらと貸金業者との駆け引きですから、慣れた専門家とそうじゃない人とでは結果に大きく違いが出るのだそうです。

 

私は相談した時点で、まだ合計8カ所のクレジット、消費者金融、銀行系カードローンなどから、全部でまだ500万円ほどはありました。

 

最初の借り入れや返済から10年は経過していましたから、相談してみると過払い金の請求もできる、とのことで任意整理がベストとの結論になりました。

 

相談したのは無料で弁護士などの専門家にできる法律相談で、最近は受任するまで、つまり債務整理をお任せするまでは相談が無料という事務所が多いようです。

 

以下に紹介しているメールで弁護士事務所と匿名で無料相談できるサービスを利用したのが問題解決の発端になりました。

 

とにかく相談だけでも、話だけでも聞きたいという時に、匿名で24時間いつでも利用できるってのがおすすめできるポイントになります。

 

返済のコツを体験から考えてみる

 

借金を返済していくコツがあれば

 

借金生活をしていると、これ以上借金の返済はできない、という状況ではないものの毎月の返済や返しても返してもなかなか減らない…と、借金を重荷に感じてくることはありませんか?

 

毎月決められた額を真面目に返しているのに、なかなか減らない借金。そんな借金生活に疲れを感じている人は多くいます。なにか、借金を返済するのにコツはないのでしょうか。

 

実は、借金を返済するにはコツがあります。コツと言っても「返済総額を少なくする」事を徹底的に行うだけです。それにはいくつかの方法があります。

 

まずは、繰り上げ返済です。臨時収入が入った月(ボーナス等)、生活費に余裕のある月はどんどん繰り上げ返済をしていくのです。

 

そうすることで借金の元本が減り、支払う利息が減ります。結果的に借金の完済時期が早まり、借金の総支払額が減るのです。

 

債権者にとっては、毎月が少額であっても長い期間コツコツ真面目に支払いを続けてくれる顧客が優良顧客といえます。

 

顧客が支払う利息が儲けになるから当然と言えば当然ですよね。そのため、借りる側である私たちは短い期間に払い終えることで支払う利息を減らし、返済総額を少なくすることが借金返済のコツなのです。

 

まずは、毎月の支出を減らし生活費に余裕がある月を増やすための節約を心がけるのがよいでしょう。

 

今が頑張りどころと考え乗り越える

 

節約や節制は、続けていると疲れやストレスを感じてしまいますが、借金を効率的に早く返したいのであれば修業期間ととらえて頑張るしかありません。

 

頑張って節約して余ったお金は繰り上げ返済に充てていきます。また、繰り上げ返済と似ていますが、毎月コツコツ貯金をして、まとまったお金になったところで全額返済する方法もあります。

 

私はこの方法で自動車ローンを完済し、支払うはずだった利息分が減り、支払総額が8万円ほど減った経験があります。

 

その他には、利息が低いところで借り換えをする方法です。返してもなかなか減らない借金の理由は利息なのだから、利息を減らす方法ですね。他にはおまとめローンを活用して借金を一本化する方法などがあります。
しかし、これらの方法がいくらわかっていても大前提があります。それは、自分の「借金の総額」と「完済時期」をきちんと把握しているか?ということです。

 

このことを把握できていないようであれば、まずはそこからしっかり考えていくことが必要です。

 

今のままでは借金完済するのはいつになる?

 

いつになったら貯金できるようになるの

 

お手元に現在の債権者から受け取った返済計画書等はありませんか?最初の借入額や借入日、債権額・完済日など書かれた書類です。そういった書類がある場合は次のことを確認してみてください。

 

「今のままで借金完済する時期はいつになるのか?」です。それは、いつになっていますか?お手元にそういった書類がない場合は、自分で計算するか債権者に書類の発行を依頼してみましょう。

 

まずは現在の自分の借金の返済シミュレーションをするのです。返済のシミュレーションをすることで、自分の借金を把握でき、今のままで借金完済するのはいつになるかわかります。

 

これがわかることで、計画的に返済していくことができるようになり、繰り上げ返済によって減る利息分なども見えてきてモチベーションがあがり、結果的に、自分の借金を客観的に見ることができるのです。

 

複数の債権者から借入れている場合は紙に1つずつ書き出してみましょう。

 

いかがですか?借金を数か月先にすべて完済できるのであれば、あまり問題はないはずです。このまま返済を順調に続けていけば借金生活からすぐに脱出できるでしょう。

 

しかし、問題なのが完済するのが何年も先であったり、すでに返済を続けていくことが難しいと感じてしまったりする場合です。この場合は繰り上げ返済などの方法よりも違った方法を考えた方が良いでしょう。

 

専門家への無料相談が第一歩

 

上記の方法では難しい、もう借金返済ができない、と経済的に行き詰りを感じているという方は債務整理という方法があります。

 

こちらも借金返済のコツ「返済総額を少なくする」ことができる方法です。支出を減らし、繰り上げ返済をすることは誰もが簡単にできることではありません。

 

病気やリストラで急に収入が無くなった人もいるでしょうし、多重債務に陥り毎月の返済額が膨れ上がって繰り上げ返済どころではない人もいると思います。

 

債務整理をするには、まず法律家に相談することです。弁護士と司法書士は借金問題解決の専門家。

 

しかし、いきなり近くの法律事務所に行くことには抵抗を感じたり、法律家に支払うお金のことを考えると躊躇してしまったりするかもしれません。

 

そんな方にお勧めなのが無料の法律相談です。そこでは、本当に自分は債務整理が必要なのか、債務整理が必要な場合どんな方法があり、法律家へ支払う金額はどのくらいなのか疑問に思っていることを1つ1つ解決していくことができます。無料ですので第一歩を踏み出しやすいのもいいところです。

 

借金返済のコツで変わるその後の生活

 

債務整理と一言でいっても大きくわけて「任意整理」「個人再生」「自己破産」など種類があります。

 

これは、今あなたが抱えている借金の額や種類や収入などで、どの方法がベストなのかは変わってきます。

 

借金の専門家はこうしたところも適切に見極めアドバイスしてくれます。簡単に説明すると任意整理や個人再生は今ある借金を減額し毎月の返済額を少なくし返済していく方法です。

 

自己破産は借金をすべて免除してもらうように裁判所へ申立てをする方法です。

 

どの方法をとる場合でも、借金をしたことでお金の使い方と真剣に向き合えるチャンスだととらえてみてください。そして今ある借金はできるだけ早く完済することです。

 

借金が無くなるとどんな生活がしたいですか?毎月の収入はすべて自分のものです。給料日なのに返済におわれため息をつくことはもう無くなります。

 

貯金をすることも可能です。あなたの今後の生活は確実にいい方向に変わっていくでしょう。